c型肝炎を撃退する治療方法とは|迅速な検査が不可欠

病院

日本人に多い肺がんの1つ

医師

肺腺がんは肺がんの6割を占める種類に当たり、非喫煙者に多いのが特徴です。日本人は肺がんの患者が特に男性に多いですが、肺腺がんの割合から見ると女性も少なくありません。肺腺がんの特徴や原因を知れば、予防など気を付けたいことも分かってきます。

詳しくはコチラ

男性に一番多いがん

医師

肺がんは男性の中では死亡率の1位を占めるほど高い発症率があり、女性も決して少なくはありません。肺がんの主な原因は喫煙で、肺の環境が発がん性物質に汚染されてしまうため、腫瘍ができやすくなります。治療は肺の一部を摘出していきますが、進行気に入ってしまうと難しくなってしまうため、早めの治療が求められます。

詳しくはコチラ

増加している病気

先生

大腸がんは戦後からずっと患者数が増加しているのが特徴で、近い将来最も患者数が多いがんになるとされています。また、大腸の部位によって発症のしやすさに大きく差が出るのも特徴です。喫煙や過度の飲酒は発症リスクを高めるため注意しましょう。

詳しくはコチラ

肝臓の病気

注意が必要な人

先生

肝臓は体の栄養素を貯蔵し不要となった老廃物や体に入ってきた毒物を解毒する作用があります。c型肝炎とは肝臓にc型肝炎ウィルスが感染して起こります。このウィルスに感染すると肝臓の細胞が破壊されて肝臓の働きが悪くなり、肝硬変や肝がんになる可能性があります。c型肝炎ウィルスは血液を介して感染することが多いので輸血や血液凝固因子製剤の投与を受けたり、刺青、ボディピアスをしたことがある方は注意が必要です。c型肝炎は感染初期には自覚症状がほとんどないため、発見が遅れがちになります。ウィルスに感染しているかどうかは血液検査ですぐわかりますので、まだ一度も検査を受けていない方は病院や医療機関で検査を受けると安心です。

国の医療費助成金制度

c型肝炎の専門家がいる病院は全国にあります。ネットで調べると地域別に医療機関を検索することができます。C型肝炎の治療法としては、ウィルスの増殖を抑制する注射をうつ治療法が効果的です。インターフェロン治療と呼ばれるこの方法なら、体内でウィルスが増えてしまうのを抑え、根本から病気を断つことができるでしょう。そしてこの治療を受ける際には国の医療費助成金制度が適応されます。インターフェロン療法は費用が高めの治療法とされていましたが、助成金の存在で自己負担額を大幅に抑えることが可能になりました。そのためこの制度を利用してc型肝炎の治療を受ける人が増えてきました。c型肝炎は早期に発見して早期に治療することが大切です。診断を受けた場合は国の制度を利用しながら積極的に治療することをおススメします。