c型肝炎を撃退する治療方法とは|迅速な検査が不可欠

患者と先生

男性に一番多いがん

原因のほとんどが喫煙

医師

肺がんは男性においてはがんの死亡率の1位を占めている状態で、その原因のほとんどが喫煙です。喫煙をする男性は昔から多いのですが、最近は若い年代ほど喫煙をしない人が増えてきています。そのため、全体的に男性の喫煙率が下がってきているのですが、団塊世代にかけてまではその影響から肺がんになってしまう人が目立ちます。たばこの煙には発がん物質が含まれ、それが肺の環境を悪化させてしまいます。肺に腫瘍ができれば咳や痰が異常に出るようになり、呼吸も難しくなっていきます。肺がんは他の臓器やリンパ節に転移しやすい特徴もあるため、症状が進行してしまうと治療も難しくなります。肺がんは本人の喫煙だけでなく、受動喫煙や台所作業の油煙、女性であればエストロゲンの影響も懸念されています。心当たりのある場合で症状が疑われる場合は、病院での受診が必要です。

検査と治療

肺がんは、早めに発見をすれば治療も難しくなってしまうことはありません。そのためには、定期的な検診が効果的です。肺がんは、レントゲン撮影や呼吸の確認で肺の状態が確認できます。レントゲン撮影では、腫瘍があれば肺に影のようなものが写り込みます。そして呼吸の検査では呼吸の量によって肺の健康さが分かるため、著しく呼吸量が弱い場合は疑いが出てきます。肺がんの治療では肺にできた腫瘍を摘出していきます。肺を残す形で行われますが、転移した場合も含めて化学療法も同時に行われていきます。肺がんは初期であれば助かる見込みは高いですが、進行してしまうと難しくなります。日ごろの検診や積極的な禁煙が将来を左右していくので、喫煙者の人は特に真剣に考えなければいけません。