c型肝炎を撃退する治療方法とは|迅速な検査が不可欠

患者と先生

日本人に多い肺がんの1つ

喫煙率の低い人が多い

医師

肺腺がんは肺がんの60%を占めるタイプで、男性より女性の方がやや多いのが特徴です。肺腺がんは非小細胞肺がんの1つで、喫煙による原因は薄いというのが挙げられます。通常は肺がんの原因は喫煙であることが知られていますが、肺腺がんにいたっては喫煙以外の原因が高くなっています。そのために喫煙率の低い女性の方が多く、普段喫煙をしない人が肺腺がんになってしまう場合が多いです。肺腺がんの症状としては、初期はほとんど気づかない場合もありますが、進行が進むと咳や胸の痛みが出てくるようになります。また、胸水が溜まるという場合も多く見られます。進行が早いところも特徴で、気づいた頃には転移していたことも少なくありません。肺腺がんは健康診断で行われるX検査で見つかる場合もよくあるため、日頃の検査は大切です。

基本的な治療

肺腺がんの治療は、基本的に化学療法や外科療法、放射線療法が行われます。病院によってはこれ以外の治療法を行っているところもあり、レーザー光線療法や凍結療法などです。最近では免疫療法も注目されるようになり、負担の少ない治療法で長期的な効果を発揮してくれます。基本的に初期の段階で治療が行われれば、生存率も高くなります。しかし、肺腺がんは進行が早い特徴もあるため、転移してしまった場合は治療も難しくなってしまいます。肺腺がんは、気管支の細い部分に発症してしまう場合がほとんどです。その部分はX検査で発見しやすいことから、定期的な検査が発見率を高めてくれます。肺腺がんの原因は、女性ホルモンや空気中の有害物質が可能性が高いと言われています。特に女性に至ってはその患者数の多さから、非喫煙者であっても検査を受けるなどして気を付けておかなければいけません。